ABOUT TERAL

テラル×技術力

多様なフィールドでお客様に新しい価値を提供し続けていくために、
100年以上にわたり積み上げてきたノウハウと新たなアイデアや技術を融合させ、
これまでにないイノベーションを生み出します。

社員が語るテラルの技術力を支えるチカラ

SKILL

1

受け継がれるノウハウ

1918年の創業以来、ポンプと送風機の開発を続けてきたテラル。業界初、国内初の製品も数多く輩出し、水と空気の流れを操る技術の先駆者として社会に貢献してきました。約100年もの間、時代の変化の中にあっても脈々と受け継がれてきたノウハウは“新発想”や“アイデア”を生み出す糧となり、多様化するお客様ニーズやテラルのものづくりを支えています。

TOPICS

国境を超えて伝わるテラルの技術

2006年、タイ工場で大型送風機を受注。しかし、クライアントの特注要素が多く、タイの技術部だけでは設計対応が困難でした。また現地でこのような大型送風機を組立てた経験もなく、本社から製造・溶接・組立てのスペシャリストがタイを訪問。タイスタッフに技術指導を行うことで日本品質に近い製品の開発に至りました。この時の経験、ノウハウが生かされ、2010年の同規模現場はタイスタッフのみで対応することができました。

SKILL

2

部署を超えたチームワーク

新たな製品開発を行う際に、一つの部署で完結することはありません。技術部や生産統括部、製造部、営業部、品質保証部など複数の部署が連携し、各部門のプロフェッショナルが知恵を出し合うことで今までにない付加価値をもった製品を開発することができます。

TOPICS

連携が可能にする製品のモジュール化

他部署からのアイデアや知恵を結集し、製品のモジュール化設計に取り組みました。市場の変化やお客様ニーズにより新製品の開発が求められた時、以前までの「擦り合わせ設計」では製品全体の見直しが必要でしたが、「モジュール化設計」では一部の部品の入れ替えや新設により対応が可能に。これにより開発時間の短縮、コスト削減を実現しました。

SKILL

3

お客様の声を生かした
ものづくり

お客様と顔を合わせたお付き合いの中で見えてくる“真のニーズ”。営業担当が吸い上げた顧客の悩みや要望が、既存製品の改良や新製品の開発に繋がるのは製販一体体制のテラルだからこそ。現場の情報がいち早く反映されるテラルならではのものづくりで、他社製品との差別化が図られています。