PEOPLE

テラルの“チャレンジング”な人

広い視野が
イノベーションを生む

技術部 設計2課 S2グループ

長谷川 愛

2007年入社

ワイドな視点と柔軟な考えで
より良い製品づくりを。

私は給水や消火など水処理装置を扱う部署に所属し、主に消火栓ポンプユニットの品質改善業務に携わっています。品質改善とは、不具合や品質不良のあった製品の原因を明らかにするために仮説と検証を繰り返し、改善を行うこと。考えられる原因の可能性をつぶしていくなかで行き詰った時は、ワイドな視点で見つめ直すことを心がけています。また、上司や先輩、メーカーの方などの意見を聞くことで打開策が見つかることも。柔軟な考えをもって取り組むようにしています。

積み重ねた苦労と失敗が
大きな達成感につながる。

印象に残っているのは、入社3年目の排水処理槽の開発において、社内で優秀賞を受賞したことです。微生物が生ごみを分解する際に発生する臭いの問題など、開発に至るまで何度も壁にぶつかりましたが、入社当時からの取り組みが製品として形になった達成感は今でも忘れられません。テラルは、自分から動けばチャンスを与えてくれる会社です。積み重ねた多彩な経験を土台に、チャレンジングな姿勢で、これからも潤いのある生活を支えていけるように頑張りたいです。

< ある1日のスケジュール >

7:40

出社

業務時間内に業務を終えられるよう、1日の業務の段取りを整理します。

8:25

朝礼

8:30

不具合対応・資料作成

出荷品の状態を実際に見て、触って確認します。不具合が見つかった場合は不具合の調査、改善に向けた資料作りを行います。

12:00

お昼休憩

12:45

不具合対応・資料作成

午前中の作業を引き続き行います。上司やグループの仲間に意見を聞きながら作業を進めています。

17:20

業務終了

この日は納期がある業務を終わらせるため、19:00退社。毎週水曜日・第一金曜日のノー残業デーは、残業することなく退社しています。

My challenge

私の「チャレンジ」

お客様の真のニーズを捉えた
製品開発。

現在、銭湯やお風呂などに活用される、新たなろ過装置の開発に向けて設計を進めています。長年にわたり水処理装置に携わって蓄積したノウハウを生かし、お客様の真のニーズを捉えた製品開発を行いたいです。そしてまたお客様の喜びの声が聞けるように、より豊かな水環境を届けられるように挑戦を続けていきます。