PEOPLE

テラルの“チャレンジング”な人

新しいものを生む苦労を
楽しみに変えて日々前進

研究開発部 開発1課 D3送風機開発グループ

酒井 優太

2018年入社

未知を楽しみ
新たな製品開発に挑む。

ものづくりに携わりたいという思いをもち、進めていた就職活動。生活に必要不可欠な送風機やポンプの製造を行っていること、また安定した経営基盤をもっていることに魅力を感じてテラルへの入社を決めました。現在の主な担当は送風機の開発です。製品がお客様の手元に届いた時のことを常に意識し、市場のニーズを的確に反映した製品となるように製図作業や試作機を用いた検証作業を行っています。新しい技術を取り入れた製品づくりに挑戦する中で、今までの知識や技術が通用しない場面もありますが、学ぶことを楽しみながら業務にあたっています。

大学時代に身につけた行動力と
段取り重視の慎重さが私らしい仕事につながる。

大学時代、私は思いついたことはすぐに実行に移すことを大切に研究に励んでいました。その行動力は社会人になった今も活かされていると感じる一方で、入社当初、検証試験において必要なデータを測定しておらず、再測定しなければいけないという経験がありました。そのことから、しっかりとした準備を行わず、思いつきで行動することの危険性に気づきました。それ以来、仕事は準備で8割決まるという“段取り8割”の考え方を心に留めて、開発工程の中で重要なポイントを明確に、それまでの過程を詳細に把握してスケジュールに落とし込むようにしています。
自分が開発に携わったより多くの製品が社会で活躍することを楽しみに、今後も品質の高い製品開発ができるよう、努力を続けていきたいです。

< ある1日のスケジュール >

7:30

出社

8:25

朝礼

毎朝、チーム内で進捗を共有。行き詰った時にはすぐに相談できる環境があるのもテラルの魅力の一つです。

9:30

検証試験

12:00

お昼休憩

12:45

検証試験・試験結果報告書作成

お客様が製品を実際に使用される状況を想定して検証試験を行い、品質に問題がないかのチェックを行います。

17:20

業務終了

この日は業務の進捗打ち合わせのため、残業して18:00に退社しました。

My challenge

私の「チャレンジ」

業務効率アップに向けて
自らの知識をさらに深める。

社内でも推奨されている機械プラント製図の資格取得に向けて勉強中。学びを通して実務で身につけた製図に関する知識をさらに深め、業務効率アップにつなげたいと思います。